コーディネート

季節を感じる装いのご提案

陰萌黄色の付け下げ

(2017.04.24 掲載)

本日ご紹介するのは付け下げ。訪問着を着るほどフォーマルではないシーンにおすすめです。

少しくすんだ萌黄色を「陰萌黄」と呼ぶそうです。別名「木賊(とくさ)色」青みがかった濃い緑の和名で、江戸時代中期の流行色だったそうです。落ち着いた色味が武士に好まれたのだとか。一色のグラデーションに控えめな絵柄が施された、軽やかな付け下げです。普段のお出かけにも気軽に着ていただけます。

襟は刺繍の豪華なものを合わせてみました。帯は唐織りの上品で格の高いものを合わせています。コーディネートの格が上がりますので、観劇などにもお召しいただけます。
よりカジュアルな帯を合わせると、お食事会やちょっとしたお出かけにぴったりなコーディネートに。

当店では付け下げも色柄豊富に揃えておりますので、ぜひお気軽にご覧くださいませ♪

【このコーディネートについて】

掲載コーディネート番号
60
品番
3-0171
着物の種類
訪問着・付け下げ
シーン
お出掛け、歌舞伎・観劇
季節
春(2月・3月・4月)

※このページの着物やコーディネートに関する
お問い合わせの際には、上記「コーディネート番号」
をお伝えください。

【この着物の他のコーディネート】

coming soon